HOME>記事一覧>利用を開始する前に確認しておくべきことが多い

預けられるものに制限がある

トランクルームには多種多様なものを収納することができますが、一部預けてはいけないものもある点は覚えておきましょう。食品や危険性のあるものがその代表例ですが、事業で扱うことが多い金券や権利書なども含まれます。

運搬のことを考えて

トランクルームの利用時には、荷物の運搬のことを考える必要があります。特に2階以上の場合は、階段を上り下りするのが負担になるかもしれません。もし大量の荷物や重い荷物を預けるのであれば、台車やエレベーターが標準で付いているトランクルームが望ましいです。

預けるものによっては空調も必要

トランクルームを利用する際に注意しなければならないのは、湿気の問題です。特に屋外に設置するタイプだと、気温の影響を大きく受ける上に、夏場は湿度が高くなりやすいです。そのため水気に弱い家電や、カビが発生する恐れがある衣類がダメになる恐れがあります。もし湿気や温度によって劣化するものを預けるのであれば、屋内タイプでなおかつ空調設備が整っているところを選びましょう。

広告募集中